【リマインド】スポーツ体育健康科学 学術フォーラム兼 日本スポーツ体育健康科学学術連合第5回大会の開催について

日本スポール体育健康学術連合より,1月20日(土)開催予定の標記フォーラムの案内が届きましたので,再度,お知らせいたします.会員のみなさま,ぜひご参加ください.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

催事名:スポーツ体育健康科学 学術フォーラム 兼 日本スポーツ体育健康科学学術連合第5回大会

「体育・スポーツのインクルーシブな共生世界の未来を考える」

開催趣旨:生物多様性に端を発するダイバシティへの対応は、今や、様々な組織・社会の健全性を考える際のメインファクターとなっている。このことは、体育・スポーツのコミュニティにおいても例外ではなく、多様なカテゴリーの人々をスポーツ・コミュニティに包摂するための理念や方策について、各国・各種団体等々において、真摯な議論が深められ適宜、個別の対応がとられるようになってきている。

本フォーラムでは、スポーツを通じたインクルーシブな共生社会の構築に向けてスポーツ・コミュニティ内部における多様性の包摂と共生(スポーツにおける共生)をいかに実現し、「競争・効率原理」と「共生・公正原理」の相互補完・同時達成への道すじについて、学際性・総合性を特徴とする体育・スポーツ科学の教育を通じたポーツ・プロフェッショナル(スポーツ文化の後継者)の育成問題と関連付けながら検討する機会としたい。

主 催:日本スポーツ体育健康科学学術連合(JAASPEHS 

共 催:日本体育・スポーツ・健康学会(JSPEHSS 

後 援:スポーツ庁、独⽴⾏政法⼈⽇本スポーツ振興センター、公益財団法⼈⽇本スポーツ協会、 公益財団法⼈⽇本オリンピック委員会、公益財団法⼈⽇本パラスポーツ協会、 公益社団法⼈全国⼤学体育連合 、特定⾮営利活動法⼈⽇本オリンピック・アカデミー、 全国体育系⼤学学⻑・学部⻑会

日 時:2024120日(土) 13:0017:00

形 式:オンライン zoomウェビナー 

参加費:無 料

定 員:500

申込方法:下記本会HPからwebフォームにてお申し込みください。

https://jaaspehs.com/archives/1017

プログラム:

【基調講演】

インクルーシブなスポーツ世界へ~トランスジェンダー選手の参加の権利を手がかりに~

來田 享子(中京大学教授、JAASPEHS副代表、JSPEHSS会長)

【シンポジウム】

新時代のスポーツ・プロフェッショナル育成システムを考える:体育・スポーツ・健康科学分野における教育の質保障に向けて 

◆体育・スポーツ・健康系大学・学部における入試制度の多様化と人材発掘の課題:特に多様性(競技能力、職種(する・みる・支える)、ジェンダー、障害等々)の確保について

松尾 哲矢(立教大学教授)

◆体育・スポーツ人材の養成カリキュラムと教育の質保証について

阿江 通良(筑波大学名誉教授、JAASPEHS代表、元JSPEHSS会長)

◆スポーツ専門人材の職業キャリアの多様化

長積 仁(立命館大学教授)

◆プロフェッショナル育成に学会は何ができるのか?何をすべきか?:中学校「体育理論」から社会人大学院までを見通して

菊 幸一(国士舘大学特任教授、前JSPEHSS会長、次期JAASPEHS代表)

コーディネーター:清水 紀宏(筑波大学教授、JAASPEHS運営委員長)

指定討論者:來田 享子(中京大学教授、JSPEHSS会長、JAASPEHS副代表)

【全体統括】

宮地 元彦(早稲田大学教授、日本学術会議第2627期連携会員)